誰でも簡単にできるせどりの流れとは?

スポンサーリンク

ここ最近、副業、複業などの言葉をよく目にするようになりました。
とはいえ、そんな簡単に出来る副業なんてあるの?と思いますよね。
あります、今回は私もやっている「せどり」についてのお話です。

動画でも解説しております、合わせてご覧ください。

【副業】せどり・転売の始め方、確実に月5万稼ぐためには【初心者向け】

まず、せどりとは?

せどりとは、もともと本やCDの背表紙を見ただけで高額商品を取っていく「背取り」と呼ばれていたそうです。具体的には古本や中古CDなどを安く買って、高く売り利益を得る行為のことをせどりと言います。

今現在のせどりとは?

昔は幅広い商品知識と経験が必要とされ、素人には難しいビジネスと言われていました。
しかし、現在のせどりはインターネット、スマートフォンの普及により商品知識がなくてもその場で検索ツールを使うことにより、商品価値相場価格回転率などを簡単に知ることができるようになったため、せどりというビジネスの敷居が低くなり専業や副業でせどりをしている人が増えています。
個人でできる転売・物販ビジネスであり、とてもシンプルなビジネスモデルなので、未経験者、初心者の方でも始めやすいというのもせどりをする人が増えている理由の一つですね。
主にメルカリ、ヤフーオークション、Amazonマーケットプレイスなどのネットショップで手軽に売買することができるので、こちらのシステムを利用している人が多いです。
せどりで扱う商品も今では様々で、古本やCDはもちろんですが食品や日用品、ブランド物までほとんどの商品がせどりの対象です。
そのほとんどが商品知識がなくても、便利なツールを使うことによりその商品の今現在の相場価格、回転率などがわかるため誰でも簡単にせどりをすることができます。
私も副業でせどりをやっていて、今ではだいたい月20万〜25万くらいの利益を出せています。
やり方を間違えずしっかりと地道にやれば、3ヶ月程度で達成する人もいます。早い人はもっとかな?
なので、誰でも簡単に始められるネットビジネスだと言えます。
初期費用も少なく、パソコン、プリンター、ある程度の梱包資材があれば簡単に始められます。
メルカリだとスマホ1台あれば、始められますからね。
始めは自宅の不要品を販売し、販売する感覚、売れる感覚を覚えながら資金作りをするのもいいですね。
ある程度資金が集まったら店舗に仕入れに行ったり、電脳(ネット)仕入れで処分品や値付けの甘い商品を安く仕入れて、本格的に販売します。
せどりは比較的、成果を出しやすいネットビジネスと言われていますので、専業や副業でせどりをお考えの方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
仕入れる商品もツールを使えば、売れる売れない、利益が出る出ない、これくらいの期間で売れるなどが簡単に調べられますので、リスクも低いです。

せどりの流れ

せどりがどういったものかある程度理解していただけたと思います。
次にせどりの一連の流れを説明していきます。
一連の流れを説明していきます。
ここでは私もやっている、Amazonせどりのやり方をご紹介しますね。
1、Amazonの出品者アカウント(セラーセントラル)に登録する
2、梱包材、必要な資材を揃える
3、お店やネット通販でリサーチをする
4、商品を見つけたら、モノレートなどの検索アプリを見て回転率、利幅を見ていくらで売れるか?どのくらいの期間で売れるか?いくらで値付けするか?を想像します。
5、「4」で判断した結果、自分の中の仕入れ基準を満たしていれば仕入れる
6、セラーセントラルから出品、登録をし、商品の梱包を行う。
7、FBA倉庫に納品する(基本的にはFBA納品がオススメです。送料や手数料の関係上ある程度の仕入れ量が必要です)
8、あとは「3」〜「7」を繰り返すだけです。
せどりをやってる方は大体「3」〜「7」を繰り返しですね。
ちなみにAmazonでなくても、ヤフオクやメルカリといったサイトでも販売は可能です。
その場合でも、大体やることは「3」〜「7」を繰り返すだけですね。
Amazonでの販売をする場合はPCが必要になってきます、始めはスマホで手軽にやりたいなぁって方はメルカリがおすすめです。
私も実際にやってますので、よかったらどんなものが売れるのかもチェックしてみてください。

どうしてAmazonせどり?

せどりでAmazonを使う理由は、ここ数年で急成長している最大手ショッピングサイトということもあり、ネットでお買い物をするお客様が多く集まるので、自分の出品している商品が購入されやすくなります。
他にもヤフオク、楽天、メルカリなど大手サイトもあり私もヤフオク、メルカリを使ってますが、メインはAmazonですね。
その理由はAmazonの便利なオプション、FBA(フルフィルメントバイアマゾン)というシステムがあるからです。

FBAとは?

通常ネットショップで商品が購入されたら、在庫確認→商品の梱包→出品者自身で発送手続きという流れですが、FBAで出品者がすることはAmazonに仕入れた商品を納品するだけです。
商品が購入されるとAmazonが発送手続きなどすべてやってくれます。
しかもこれだけではありません、例えばヤフオクで自分の商品が購入された場合でも、Amazonが代わりに倉庫にある商品をお客様の元へ発送してくれます。
FBAを利用することで、私たちが行うことは「商品を仕入れる」「Amazon倉庫へ納品」この2つだけなので、かなりの負担を軽減することができます。
このFBAという便利なシステムもあることから、せどりでAmazonを選択する方が多いです。

手軽にせどりがしたいよ

AmazonやらFBAやらでなんかちょっと難しそうだな…って思ったあなた、わかります。
私も副業で始め、本業の傍ら商品のリサーチから梱包、納品など始めは大変でした。
まぁ器用な方はうまくこなしていくのでしょうが、みんながみんなそうではないですよね。
そこでおすすめしたいのが、先ほどお伝えしたスマホ1台で手軽にできるメルカリがおすすめです。
登録も簡単ですし、やり取りもメルカリが間に入るので安心、メルカリの売りの一つであるらくらく・ゆうゆうメルカリ便で匿名配送も可能です。
まずは、メルカリでせどりというものがどういうものか経験してみて、これならいけそうと思えばAmazonせどりなどにステップアップしてもいいですね。

せどりで必要な資材は?

せどりを始めるにしても、何が必要なの?という方へ実際に私が使っている資材と、使用してないけど便利だと言われている必要な道具、資材を紹介します。

私が使っている資材

パソコン、スマートフォン、プリンター、納品用ダンボール(160、140サイズ)、エアーパッキン(50m)、巻ダンボール(50m)、梱包テープ、OPP各種サイズ、A4用紙、A4ラベル用紙、セロハンテープ、げき落ちくん、アルコール除菌スプレー

使用していないけど便利な資材

ストレッチフィルム、シールはがし、シールはがしのヘラ、バーコードリーダー、etc
大体こんな感じではないでしょうか?扱う商品によっても多少使う資材も変わってくるとは思いますが、紹介した道具、資材があればほぼ大丈夫です。
ちなみにメルカリの場合扱う商品にもよりますが、プチプチとOPP、封筒くらいでも大丈夫ですね。
ダンボールなんかはスーパーでもらったりもできますからね。
簡単な資材なら100均でほとんど準備できます。
あと、もし店舗仕入れメインでせどりをするのであれば車がいります。
ちなみに私は店舗メインですが、車を持っていません。。。え?どういうこと?ですよね。
私の店舗仕入れはすべてレンタカーで行ってます。
毎回レンタカーで行って利益とか大丈夫か?って思いますよね?大丈夫です。そういった経費を差し引いても、十分利益を出すことができるのがせどりです。
ちなみにこのレンタカーも、基本料金1000円で借りる裏技も使ってますので問題ありません。
この裏技はここでは割愛させていただきます。

仕入れの仕方は?

ここではせどりを初めて、もしくは始めて間もない方目線での仕入れについて紹介します。
あくまで私がせどりをやり始めた時に、やっていたことなので参考になれば幸いです。
売れる売れないに関わるとても重要なことなので、慎重に注意しながら仕入れを行ってください。
まず、自分の決めたジャンルの商品のある店舗へ行き、片っ端からモノレートというアプリを使い検索をします。
※モノレートとはAmazonの商品ランキングと価格推移を確認できるサイトです。
最初の頃は大変なのですが、諦めずにやった方がいいと私は思います。
これを最初にやっておくことで、だんだん商品知識も増えてきますし、調べる商品と調べなくていい商品のある程度の判断ができるくらいのスキルがついてきます。
慣れてくると、調べるべき商品だけを調べるようになってきますので、かなりの時間短縮にもなります。
見方はこちらから
https://flower-wonder.com/sedori/mnrate.html

まとめ

冒頭でも言いましたが、近年副業、複業という流れになってきてます。
今後何か副業しようと思っていて、もしせどりに興味がありやってみようかなと思ってる方へ少しでも役に立てれば幸いです。
せどりは本当に稼ぎやすいビジネスだと思いますので、諦めずに頑張っていきましょう。
月5万くらいなら誰でも可能です、稼げる人稼げない人の圧倒的な差は行動力です。
やるかやらないか、ただそれだけです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする